44歳からの着床前診断

神戸ARTレディスクリニック(旧名: 大谷レディスクリニック)にて着床前診断をしている44歳。(現在45歳) 絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。→ 45歳 正常卵を移植し妊娠 → 46歳で出産しました!→47歳 第二子に向けて再始動しました。絶対に妊娠・出産して第二子も育てます。

移植周期15日目 診察

すっかりブログの記載が遅れてしまっています。

 


2020年10月10日(土)がD17で、

エストラーナテープを貼りはじめてから15日間後の診察日でした。

 


台風が近づいていた時期で、

毎日、台風情報とにらめっこ。

 


状況によっては前後泊になるかもしれない中、

新幹線が計画運休となるかもしれないというニュースが出たのをみて、

 


急遽、9日(金)に移動して前泊しようと、

まだ動いていた飛行機に飛び乗りました。

 


飛行機、結構揺れましたが、

無事に神戸空港に着くことができて一安心。

これで、15日目の診察を受けることができます。

 


夫には、仕事を早めに帰ってもらい

息子(1歳6ヵ月)の保育園へのお迎えから、

私が帰宅するまでの全てのお世話を快く引き受けてもらいました。

 


夫は、いつも子どもの面倒をみるのは父親だから当たり前という考え行動してきていたので、

息子のお世話を全て私と同等以上にできます。

 


こんな急なことにも、即対応。

ありがたいです。

 

初めて息子と離れた夜は

身軽ではあったけれど、

やっぱり少し寂しかったです。

 


結果的に、診察日の夜にも飛行機が飛んでくれたので、

保育園お休みの土曜日の丸一日、息子と会えない状況でしたが、

 


夫は時々、息子の写真やビデオを私に送って安心させてくれたりして、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

肝心の診察は、12時30分に大谷先生の予約。

 


内膜チェックと採血。

 


内膜はなんと、12.1mm!

私史上、最高の厚さになっていて驚きました。

 


土曜日だったため、採血結果は次の日の朝、電話で問い合わせ。

 


採血結果も良好!ということで、

移植に進めることになりました!

 


よかったです。

 


診察後に、一人目で神戸通院している時に

このブログで知り合った方のうちの2名の方と再会しました!

 


2年ぶりくらい!

 


彼女たちと初めて出会ったのは、

彼女たちが42歳くらいの時だったと思います。

 


お二人とも神戸ARTで着床前診断を経て、

今年、45歳で元気なお子さんを出産されて、子連れでの再会でした!

 


出会った頃は、お互いに妊娠できるかどうかもわからない状況でしたが、

いつか子連れで同窓会したいね!なんて言ってたのが、

 


私は今回一人での参加でしたが、

一部分だけでもかなったのが嬉しかったです。

 

 

 

14日(水)に無事にシート法を高松先生にしていただき、

 


17日(土)、今日これから移植です!

 


ずっと私のお腹に帰ることを待ってくれていた受精卵を、

ようやくお迎えに行けることが楽しみです(^^)