44歳からの着床前診断

神戸ARTレディスクリニック(旧名: 大谷レディスクリニック)にて着床前診断をしている44歳。(現在45歳) 絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。→ 45歳 正常卵を移植し妊娠 → 46歳で出産しました!→47歳 第二子に向けて再始動しました。絶対に妊娠・出産して第二子も育てます。

【2人目に向けて】移植周期開始!

こんばんは。

バタバタしていて、すっかりブログを書いていませんでした。

 

6月に2回目の採血も行い、

10日後に検査結果もでました。

 

1人目の移植前検査では、

たーくさん引っかかって、サプリやら薬やらを

山盛り飲んで、糖質制限まで出ていましたが、

 

甲状腺も妊娠を目指すのに適した数値で、チラージンの服用も不要!

 

HOMA-Rも妊娠を目指すのに適した数値で、糖質制限もしなくてOK!

 

検査した項目の中でも、特別に引っかかるものがなく、

 

強いて言えば、血が固まりやすいから

アスピリンの服用は、妊娠したら31週まで継続くらいかな、、とのこと。

 

亜鉛は基準値内でしたが、

測定できなかった銅の数値はわからないので、

移植周期に入ったら、

亜鉛サプリを前回同様45mgを服用しようと決めました。

 

気になるヘパリン注射は、先生的には不要にしてもらいいのではないか、、という数値だそうですが、

前回ほぼ同じ数値で、妊娠6週での激しい下がり具合にリプロ東京の土信田先生に、とても深刻な数値と言われた経緯があったので、

 

妊娠したら、卒業転院前の6週に来院して

採血した数値でヘパリンをいつまで続けるかを決めましょう!と決まりました。

 

すごく、、出産を経て、体質が変化したようです。

 

 

8月25日に神戸ARTの初診を予約!

1年以上あくと、電話で初診を取らないといけないそうです。

 

お久しぶりの大谷先生!

内診も問題なし!

 

ただ、生理が遅れていて、大丈夫か心配だと告げると、

採血と、念のための処方を出してくれました。

 

採血結果から見ると、処方した薬を飲んだ方がいいと思うとのことで、

翌日から服用を開始する予定でした。

 

(しょうがない、明日の朝から薬のんで生理起こそうとしたら、薬を飲む前に生理きました。)

 

 

そして、2020年9月24日(木)に生理開始!

 

思っていた予定よりも早い開始で焦りましたが、

 

前周期に生理が遅れて、

もしかして閉経に向かってる!?疑惑もあっただけに、

 

自力で順調に生理が来てくれた周期に移植周期を始められるのも、

幸せなことだなと感じました。

 

エストラーナテープは、生理3日目までに開始する必要があり、

貼り始めた日を移植周期の1日目と計算していくので、それによって移植日が決まります!

 

3つのケースの日程を見て、

移植日が大谷先生になりそうな日で、

仕事が入っていない日程に全ての診察日が当たる日程が奇跡的にあり、

 

まるで導かれるかのようなミラクルな日程が1つだけあったので、それになるように、

9月26日の夜からエストラーナテープを貼り始めました。

 

そして、26日の朝から亜鉛サプリを服用したのですが、、、

 

私、前回もずっとそうでしたが、

亜鉛サプリを服用すると吐き気がすごいのですよね、、、全力で身体が拒否してる感じが否めないです。

 

今朝も、服用してからずっと吐き気がすごくて、

1時間くらい我慢しましたが、

耐えきれなくなり、家の廊下で嘔吐し始め、

トイレに駆け込み、ギリギリ間に合う始末。

 

まるでつわりのように、出るわ出るわ、

嘔吐が止まらない、、

 

もう、ぐったりでした。。。

 

亜鉛サプリは、心拍確認できるまで継続なのですが、

この体調の悪さが毎日続くのもちょっと、、なので、

 

我慢し切れるところまでは、亜鉛サプリ継続して、

 

もう私の限界を超えたと感じたら、

今回の移植は、亜鉛サプリの服用中止も仕方ないとも考え始めました。。。

 

でも、なるべく服用して不育症対策したいので、

できるところまで服用をしようと思います!

 

さぁ!

元気な子を産んで育てようよ!

頑張ろうね、私!