44歳からの着床前診断

神戸ARTレディスクリニック(旧名: 大谷レディスクリニック)にて着床前診断をしている44歳。(現在45歳) 絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。→ 45歳 正常卵を移植し妊娠 → 46歳で出産しました!→47歳 第二子に向けて再始動しました。絶対に妊娠・出産して第二子も育てます。

BT20 胎嚢確認

5週くらいから、つわりが始まってきました。

前回よりもマシだと思っていましたが、

BT23(6週0日)から吐き始めてしまいました。

 

それでも、まだ前回よりもマシと思える感じです。

つわり、軽くですみますように!

 

 

では、過去にさかのぼって、

BT20 (5週4日)の胎嚢確認です。

 

2020年11月6日。

金曜日だったので、大谷先生は17時からの午後診のみ。

そのため、初の午後診の予約。

 

10日前に予約しようと思ったにもかかわらず、

18時30分からしか取れなかったです。

 

それも最後の一人だったようで、私が予約した後から、予約枠が無くなりました。

 

大谷先生の人気、恐るべし。

 

本当は新幹線の最終で帰宅しようと思っていましたが、

つわりが辛くなり、急遽、宿泊して、

土曜日のお昼に帰宅する飛行機にしました。

 

もう、宿泊慣れした東横イン三宮2。

会員なので15時からチェックイン可能なので、

そうそうにベッドに倒れこみました。

ありがたい、、、

 

17時半前にお会いする約束があったので、

会いに行きました。

 

私の陽性判定を凄く喜んでくださったかた。

なんと、お祝いの品と、心温まるメッセージまでくださいました。(涙)

 

その方、言霊の使い方がとてもお上手で、

数々の夢を叶えてこられたそうです。

 

私にも書いてくださいました!

心強い!!

 

その方、私のブログを第一子の時からご覧になっていたそうで。

まだ全然妊娠する気配のない時から、

私のブログを見て、

 

『この人、うまくいくな』

 

と思っていたと言われました。

 

なぜなら、

ブログの自己紹介文?に、

全然妊娠する気配のない時から、

『絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。』と書いていたからだそう。

 

私は、先に望む未来を絶対こうするって決めちゃうので。

そう書きました。

 

 

振り返ると、

ある心理学を学んで実践し、

先に望む未来を本気で絶対こうするって決めてからは、

 

今まで望んだことは全部かなえてきました。

 

オススメです。

 

 

 

18時30分の大谷先生の予約。

待合室にはどんどん人が増えていき、

診察室に呼ばれたのは19時30分くらいだったと思います。

 

まる、行くよ!と心の中で声をかけて

診察室に入る。

 

前回の肝機能の血液検査結果で大丈夫だったと教えていただき、

 

動画撮っていいですか?と大谷先生に許可をいただき、

すぐに内診室へ。

 

ドキドキしながら、撮影スタート。

 

エコーが入ってすぐに

大谷先生が声をかけてくれました。

 

『ちゃんと胎嚢、、』

 

『あります!?』

 

『はい!』

 

『これ、胎嚢です!

 ちゃんと卵黄嚢もあるし、、、

 順調ですよ〜!』

 

『あぁ、、よかった、、

 ありがとうございます!』

 

『順調です!』

 

 

大谷先生の『順調です』という言葉は、

ものすごく安心感をくださいます。

 

ほんと、ありがたい。。。

 

 

最後に胎嚢のサイズを測ってくださいました。

 

13.9ミリ。

 

ちゃんと子宮の中で育ってくれていただけで充分です。

 

ありがたい。

 

エコーを見て説明しているときの大谷先生、

嬉しそうな感じで話してくださいました。

 

これも、

今のところ大丈夫なんだなと

ほんとに安心します。

 

 

診察室に戻って、

次の診察日などを決め、

お礼を言って部屋を出ました。

 

 

次回は11月13日(金)の午後診。

心拍確認の予定です。

 

心拍確認、無事にできますように。