44歳からの着床前診断

神戸 大谷レディースクリニックにて着床前診断をしている44歳。絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

D27 凍結確認(6周期目)

今日はD27です。

ドキドキの凍結確認の日。

 

北川先生の今日の診察時間が15時〜16時30分だったので、

16時過ぎに大谷に電話しました。

 

かけてから2分くらいで北川先生が出てくれました。

 

 

「◯◯さんですね?

    3個のうち、2個凍結して着床前診断に出していますよ!

     いいのができましたよー。(胚盤胞のグレードかな?)

     3個のうち2個は、とても確率いいですよ!!

     うん!とてもいいですよ!!」と。

 

 

あぁ、よかった。

検査に出せて。

次は着床前診断のハードルをクリアできますように。

 

北川先生、胚盤胞になる確率をとても褒めてくださいました。

優しい。

心のオアシスです。

 

 

開始月    採卵数     凍結数(胚盤胞)   正常卵数

    4月          2             1                               0

    5月          3             2                               0

    6月          4             2                               0

    7月          2             2                               0

    8月          7             5                        モザイク1

    9月          3             2                          検査中

 

合計           21           14

 

胚盤胞になる確率      66.66%

 

 

ネットでみた一般的な胚盤胞になる確率は30%台でしたが、

私は先月と変わらず全体で66.66% 。

 

採卵数は少ないですが、

安定して胚盤胞になってくれるので

なんとか着床前診断に出せています。

 

先月まで着床前診断に出した12個は

正常卵がなく、モザイクが1個のみ。

 

そう考えると、大谷で着床前診断をしていなかったら、

私はずっと妊娠できずに何度も流産していただろう。

 

大谷院長が着床前診断を続けてくださってるおかげです。

 

大谷で着床前診断を受けることができて、

ほんとうによかった。

 

 正常卵獲得、着床、妊娠、出産と

まだまだハードルが続きますが、

無事にクリアできますように。

 

 着床前診断の結果確認は、

10月20日(金)。

 

次のD3の診察のほうが少し早いかな。

着床前診断の結果を聞いて、

次の周期に入れるといいなと思います。