44歳からの着床前診断

神戸 大谷レディースクリニックにて着床前診断をしている44歳。絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

D2 大谷 7周期目

昨日、D37と思っていましたが、

夜にリセットとなり、今日がD2となりました。

 

昨夜、夫が仕事から帰宅したら

手にケーキの箱が!

 

えっ!?ケーキ?!

もしかして(正常卵見つかった)お祝い?

 

と聞くと、夫が

 

うん、お祝い。

でも良さそうなケーキが無くて、プリンなんだけど、、、と。

 

もう、うれしすぎる。

夫の気持ちが。

とってもとっても優しい夫です。

 

そして、正常卵の移植の話をすると、

夫が「できるだけ採卵しよう」と。

 

正常卵でも妊娠できない場合があるのを心配して、余裕を持ちたい様子。

 

私は移植でもいいかなと思ったのですが、

よくよく考えると、

もし今回の卵で妊娠したら、1〜2年後に同じように採卵できるかというと難しいよなぁ、、

そうすると第二子の希望は無くなるよなぁ、、

休職は6月末までだから、2〜3月くらいまで

できるだけ採卵して、正常卵見つかったら第二子の可能性も出てくるよなぁ、、と。

 

よしっ!採卵しよう。

ちょうど明日がD2になるし、先生に採卵できるか聞いてみよう!

となりました。

 

 今日の内診で、卵巣に問題が無かったので、

北川先生が

「では今周期も採卵で!

    今日から注射とクロミッド始めます。」と。

 

7周期連続の採卵が始まりました。

 

クロミッド 今夜から1日2回 各1錠 開始

hmg注射

 

今日は珍しく内膜の厚さを測ってくれました。

4.9ミリ。

 

卵胞は左右育ってきているようで、

もう4.8ミリと3.3ミリありました。

こんなに早くから測ってくれたのも初めてです!

 

 

最後に、6周期目の着床前診断の結果用紙をくださいました。

 

染色体本数が書いてある表に、

正常卵は赤字で書いてあり、NORMALと。

 

夢にまでみた赤字の表。。

 

そして、1個の正常卵の写真が載った結果用紙もくださいました。

 

この子かぁ♡

 

じわじわ〜となりました。

 

 

ここまで書いてて思いましたが、

私、妊娠できると思ってるのですね。

根拠のない自信ですが、大丈夫じゃないかと。

 

もうここまできたら、絶対に元気な子を産む!!

と決めるしかないですものね。

 

第二子は欲張りすぎかもしれませんが、

なんとしても一人は産みたいです。

 

次はD4とD6に自己注射。

D7の10月26日に診察です。

 

 今から神戸空港から出発します!

 

 

D37 6周期目 着床前診断結果

今日はD37です。

 

着床前診断の結果を確認するために、

北川先生の診察時間(15時〜16時30分)に合わせて、

15時15分に電話しました。

 

保留音の間、ドキドキが止まらない。

もう、逃げ出したいくらいの気持ちでした。

 

3〜4分くらいで、電話を取ってくれました。

 

「◯◯さんですね?

    着床前診断の結果なのですが、、、」

 

と話し始めを聞いての私の気持ちは、

 

北川先生のテンション低い、、、

また正常卵なかったのか、、、

と、落胆していました。

 

続けて先生が、

 

「2個のうち1個よかったですよ!」と。

 

私が

「えっ?! 1個 正常卵だったんですか??」

 

「はいそうです。1個 正常卵でした。

    確率いいですよ〜!」と。

 

「グ、、グレード聞いてもいいですか?」

 

「えーっと、5BBです。

    グレードもいい(胚)ですね〜!!」

 

「あ、ありがとうございます(うるっ)

    移植に向けて行きたいのですが、いつ頃診察に行ったらいいでしょうか?」

 

「採卵ではなくて移植がいいのですね。」

 

「はい。」

 

「えーっと10月1日採卵だから、もう生理きているでしょ?」

 

「それがまだちゃんと来てなくて、、

    8日間 茶オリがつづいてるのですが、、

    このまま来なかったら いつぐらいに診察に行けばいいですか?」

 

「え?!まだ来てないの?!?

    卵巣腫れてるかもしれないから、診察して薬でリセットかけたほうがいいかどうかみたほうがいいかもしれないですね。

    、、、明日!明日診察に来ますか?

    明日診察に来たら、一緒に移植に向けての説明もできます。」と。

 

ちょうど明日の14時からの予約をおさえていたので、即決で

「明日行きます!」と伝えました。

 

でも明日は土曜日。

飛行機が、いつもの便〜夕方の便まで満席だったのですが、

電話を切って検索したら、11時5分発が1席キャンセルが出てて、予約できました!

 

流れがいい!!!

 

生理だけは微妙ですが、、、

 

 

というわけで、明日、大谷に行って来ます!

 

採卵        6回

採卵数   21個

凍結数   14個で、

ようやく1個の正常卵が見つかりました(涙)

 

もちろん、これからも越えるハードルはありますが、

 

今日くらい、喜びにひたってもいいよね(涙)

 

去年と同じ採卵日。

去年の今頃は陽性反応が出て喜んでた。。

 

今度こそ!

妊娠して、元気な赤ちゃんを産みたいです。

 

D27 凍結確認(6周期目)

今日はD27です。

ドキドキの凍結確認の日。

 

北川先生の今日の診察時間が15時〜16時30分だったので、

16時過ぎに大谷に電話しました。

 

かけてから2分くらいで北川先生が出てくれました。

 

 

「◯◯さんですね?

    3個のうち、2個凍結して着床前診断に出していますよ!

     いいのができましたよー。(胚盤胞のグレードかな?)

     3個のうち2個は、とても確率いいですよ!!

     うん!とてもいいですよ!!」と。

 

 

あぁ、よかった。

検査に出せて。

次は着床前診断のハードルをクリアできますように。

 

北川先生、胚盤胞になる確率をとても褒めてくださいました。

優しい。

心のオアシスです。

 

 

開始月    採卵数     凍結数(胚盤胞)   正常卵数

    4月          2             1                               0

    5月          3             2                               0

    6月          4             2                               0

    7月          2             2                               0

    8月          7             5                        モザイク1

    9月          3             2                          検査中

 

合計           21           14

 

胚盤胞になる確率      66.66%

 

 

ネットでみた一般的な胚盤胞になる確率は30%台でしたが、

私は先月と変わらず全体で66.66% 。

 

採卵数は少ないですが、

安定して胚盤胞になってくれるので

なんとか着床前診断に出せています。

 

先月まで着床前診断に出した12個は

正常卵がなく、モザイクが1個のみ。

 

そう考えると、大谷で着床前診断をしていなかったら、

私はずっと妊娠できずに何度も流産していただろう。

 

大谷院長が着床前診断を続けてくださってるおかげです。

 

大谷で着床前診断を受けることができて、

ほんとうによかった。

 

 正常卵獲得、着床、妊娠、出産と

まだまだハードルが続きますが、

無事にクリアできますように。

 

 着床前診断の結果確認は、

10月20日(金)。

 

次のD3の診察のほうが少し早いかな。

着床前診断の結果を聞いて、

次の周期に入れるといいなと思います。

 

D18 採卵

今日はD18で採卵日でした。

 

朝10時来院、10時30分に採卵予定でしたが、

手術室に入ったのは10時40分でした。

 

今日は後藤先生という女医さんが採卵してくれました。

 

採卵数は3個!

 

北川先生には3個難しいかなと言われていましたが、

3個採れたのはありがたかったです。

 

診察、会計が終わったのは13時前。

 

今日は、採卵の後 夫の実家に泊まりで行くようがあったので、

すぐに電車に乗りました。

 

 

次の凍結確認は10月10日。

 

まだまだハードルつづきますが、

ひとつずつクリアしていけるといいな。

 

 

D17 採卵前日

今日はD17です。

 

昨日の24時にhcg自己注射を無事に終えました。

 

今日は18時と24時にボルタレン座薬ですが、

外出していたので18時にトイレに行けるかどうかわからず。

 

ボルタレン座薬は排卵止めの効果があるそう。

ということは、遅れてしまうよりも早いほうがいいかと思い、(勝手に)17時にしました。

 

24時にもするし、大丈夫かなと。

 

23時からは絶飲食なので、今のうちにたくさん食べておきます。笑

 

明日は正常卵が採れますように。

 

D16 採卵日決定

今日はD16です。

 

北川先生をおっかけていたので、初めて15時からの昼診で予約とりました。
今周期もずっと北川先生。

待合室に人が少なくて快適でした。

昼診いい!

 

診察室に入って早速、採血結果。

 

E2 927.5
LH 0.872

 

うわー、1000いかなかったかぁ、、、
と、内心落胆。
先月は2000超えてたから、それと比べてしまい個人的なショックです。

まぁ、先月が特別だったのだけれど。

 

内診でエコーしたら、あれ?あれ?と。
なんだろうなと思っていたら、
あー膀胱がいっぱいだからか、と。

 

今日は診察までのタイミングがわからず、トイレに行きそびれていたのがエコーで先生にはバレバレでした。

 

膀胱がいっぱいだと、エコーで卵胞みにくいようです。
今度から診察前に行っておいてねー、と。

 

卵胞の大きさは、

右が18.7ミリ

左が22.1ミリ

 

採卵日が決定しました。

10月1日(日)。

ペース的には先月よりも1日早い決定です。

 

そういえば去年の10月1日も東京で採卵してたなぁと、しみじみ。

 

診察室に戻ると、先生から説明が。

 

E2からいくと、おそらく2個くらいの採卵になりそう と。

1個あたりの数値は350くらい必要だから、3個だと少し足りないかな、、と。

 

今日も注射。

hmg注射

ガニレスト

 

クロミッドは、今日の夜の分まで服薬。

 

今夜24時にhcgを自己注射。

 

明日の18時と24時にボルタレン座薬。

 

やること、あともう少しだな。

 

明後日の採卵日までに、バリバリE2増えてるといいな。

数よりも質がよければ1個でも正常卵出やすいのかな。

 

いい卵が取れますように。

 

 

D15 診察日

今日はD15です。

 

昨日のD14は、注射のみ大谷でしていただきました。

hmg注射

ガニレスト

 

今日は採血と診察。

北川先生の予約をとりました。

 

診察室に入ると早速、血液検査の結果が。

 

E2   879.9

LH   1.18

 

3日前は、E2   364.3  だったのでちゃんと上がってました。

 

先月は7個採卵という私にしては快挙だったのですが、

その時のD15は、E2   1261  。

それよりは今回は採卵できるの少なそうかな、、と少し落胆。

 

内診での卵胞チェック

 

北川先生、数を数えながら教えてくれました。

 

右は、、、1個かな。

左は、、、2個かな、と。

 

(育ってきているのは)合計3個とのこと。

 

卵胞の大きさは、19.1ミリと17.9ミリ。

E2の増えかたと、数値的には合う感じかな。

 

今日の注射

hmg注射

ガニレスト

 

先月はそろそろhmgでなくゴナールFだったけれど、

卵胞の状態によって決めてるのかな?

 

明日も採血と診察になりました。

あと2日くらいで採卵決まりそうです。