44歳からの着床前診断

神戸ARTレディスクリニック(旧名: 大谷レディスクリニック)にて着床前診断をしている44歳。(現在45歳) 絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。→ 45歳 正常卵を移植し妊娠 → 46歳で出産しました!

ラジオ深夜便 聴き逃しサービス

1月13日に出演させていただいたラジオ深夜便の放送を、

 

聴き逃しサービスで、下記のホームページから期間限定で聴いていただくことが可能です。

 

https://www.nhk.or.jp/shinyabin/program/b1.html

 

11時台の下の 聴き逃しという赤い文字をクリック。

 

大きな三角の再生ボタンを押すと聴いていただけます。

 

私のインタビューは、再生残り分数の表示が

-33.00あたりから始まります。

 

私の体験談ですので、着床前診断をご存知なかった方々にも、

聴いていただきやすいインタビューになっています。

 

聴き逃しサービスは、

2020年1月21日(火)午前5時に終了ですので、

お早めにお聴きくださいませ。

 

一人でも多くの方々に、着床前診断という検査があることを知っていただき、

子どもを望む多くの方々が我が子を抱けますように。

 

NHKラジオ深夜便に出演します!

久しぶりのブログです。

 

表題の通り、NHKラジオ深夜便に出演することになりました。

 

ボランティアとして参加している

「流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する患者の会」

という団体の幹事としての出演です。

 

このブログが初めてのかたもいらっしゃると思いますので、、、

 

着床前診断(PGT-A)という検査をご存知でしょうか?

 

PGT-Aは、受精卵から将来胎盤になる細胞をいくつか採取して染色体数を検査する方法です。

 

あらかじめ染色体数の正常な受精卵を探し、子宮に戻すため、
どの年齢であっても妊娠率が70%に上がり、流産の可能性をかなり軽減することができます。

 

加齢に伴って染色体数の異常が多発していきますので、

 

流産を繰り返したり、
体外受精を何度もチャレンジしても陰性が続いたり、
転座という、親の染色体の一部が入れ替わっていることで、子どもを持つときに流産を繰り返してしまう方にとって、
とても有効な検査です。

 

私は息子を出産する前に一度、流産しています。

 

我が子を亡くすことは、想像していた以上に辛いことでした。

 

その上、流産をすると半年間くらいは次の妊娠を目指すことができなくなります。

 

もう二度と流産せずに、我が子を抱くことができる方法はないのかと必死で探した時に出会ったのがPGT-Aでした。

 

人によっては、正常な染色体数の受精卵がなかなか見つからずに何度も何度も採卵を繰り返すこともあります。

 

すべて異常卵しか採れなかったということもあります。

 

正常な受精卵が採れたとしても、
着床してくれないこともあるし、

確率は減るとはいえ、流産することもあります。

 

100%成功するような魔法の検査ではありません。

 

でも、この検査が無ければ、私は流産を繰り返してしまい、
我が子と出会えなかった確率の方が高い状態でした。

 

世界では当たり前に受けられる検査ですが、
日本では日本産婦人科学会が認可をしていないため、


臨床研究として行なっている施設か、
学会からの処分を受け続けてでも患者の権利を守るために検査を実施している神戸のクリニック1施設でしか、
公には行っていません。

 

日本の体外受精件数は、世界で一番多いのですが、
技術的にはとても進んでいる日本の体外受精にもかかわらず、
妊娠率が世界で一番低いのは、
PGT-Aができないことも原因の一つです。

 

PGT-Aという方法があると知っていただくこと、
日本のどこのクリニックでも受けられるように、
そして 患者が自分で治療方法として選択できる世の中になり、
子どもを望んでいる多くの方々が一人でも多く子どもを持てる世の中になるように、
認可を推進するボランティア活動をしています。

 

今回、私が着床前診断を受けて出産した体験談を、インタビューしていただきました。

 

インタビュアーは、
NHK 江崎史恵ディレクターです。

 

放送は、
1月13日(月・祝)
NHKラジオ深夜便の23時台で放送予定です。
(25分間くらいの長さのインタビューになる予定です)

 

https://www.nhk.or.jp/shinyabin/program/b1.html

 

放送後1週間、NHKラジオ深夜便のホームページから聞き逃しサービスで聴くことも可能だそうです。

 

一人でも多く、着床前診断が必要な方々に こんな方法もあるということを知っていただく機会になれば、


そして、子どもを望んでいる方々が、一人でも多く 我が子を抱けるようになればと思います。

 

 

【拡散お願い】着床前診断アンケート

締切が、2019年7月28日と迫っています!

 

まだ回答されていないかた、

あとで回答しようと思って忘れていたかた、

 

是非ぜひ回答にご協力くださいませ。

 

回答・詳細は、ねこたさんのブログをご覧下さい。

↓  ↓  ↓

https://ameblo.jp/nanahal-nekota/entry-12488105765.html

 

 

無事に生まれました

39週4日の  3月19日夕方

無事に 3020gの元気な男の子が生まれました。

 

 

色々あって、最終的には緊急帝王切開での出産になり、

 

手術は無事に成功したのですが、

 

私は 夜になって 出血も多く 止まらない状態となり、

 

夜中に色々な処置をしたり、

 

このまま出血量が多くなると 更に出血が止まらなくなってしまうという悪循環になる(命の危険性が高まる)と言われ、

 

今のうちなら間に合うとのことで、輸血での対応となりました。

 

 

 

息子は、

肺に羊水が溜まっていたので、酸素濃度の高い保育器に2日くらい入っていましたが、

 

NICUではなく、普通の新生児室へ入ったので

大したことはなかったようです。

 

 

 

手術室で産声を聞いた時は、

感動というか、無事に生きて生まれてきてくれたことに 号泣していました。

 

初対面も、号泣していました。

 

 

おかげさまで、母子とも無事に生きて 出産できたこと

それが何より ありがたかったです。

 

 

また落ち着いた時に、出産日のことも書こうと思っています。

 

 

更新がなくご心配おかけしました。

取り急ぎ、無事に出産したご報告まで。

 

 

 

 

39w3d 計画分娩 前日入院

今日は3月18日(月)で、39週3日です。

 

予定通り、明日、計画無痛分娩の出産を目指すため、

本日13時に慈恵医大に入院しました。

 

と、その前に、、、

 

今日のお昼ごはんが、夫と一緒にゆっくり食べられる最後のランチ。

 

昨日、夫にリクエストを聞かれたので、

3年半前に、結婚披露パーティーをした結婚式場にあるレストランのランチコースが食べたいと言いました。

 

早速、予約を入れてくれて、

最後の晩餐(ランチ)的に食べてきました。

 

しばらく、こんなにゆっくりと食事できないんだろうなぁ、、、

二人だけで食事やデートすることも しばらくの間は無いんだろうなぁ、、、とか色々思うと、

とても貴重な時間を過ごすことができました。

 

夫よ、ありがとう!

 

 

食べ終わって、慈恵医大へ直行。

少しだけ遅刻。(すみません、、、)

 

その後は、慌ただしかったです。

 

貰っていた同意書類、入院書類の提出、

病棟内の説明、

シャワーの予約、

問診、

同意書にサイン、

NST(40分を2回)、

採血、

明日のための点滴のルート確保、

シャワー浴びて、

子宮口を広げるための処置、

薬剤師さんの問診、、、などなど

 

一気に目白押しでした。

 

点滴のルートは刺し直しもあり、、、

 

子宮口を広げる処置の時に、子宮口を測ってくれたのですが、

先週と変わらず1センチくらいですね、、と言われてしまい、絶望感でいっぱいに。

 

ダイラパンを6〜7本入れることになりました。

 

ずっと深呼吸して 気を紛らせていました。

 

もちろん鈍い痛重さはありますが、

想像よりはずっと楽に入れてもらいました。

よかった。なんとかなりそうです。

 

このまま明日の朝まで膨らませて広げるそうです。

 

 

 

17時くらいかな?

トイレに行った時に、太ももに2つくらい蚊に刺されて膨れたような湿疹?じんましん?を見つけたのですが、

病室が熱いせいかな?くらいにしか思っていませんでした。

(私は温冷差で、湿疹?じんましん?ができるので、いつものことかなと思ってました。)

 

18時前に夕御飯がきて、

食べてる間中、身体が痒くて無意識にパリパリ掻きながら食べてたんです。

 

食べ終わって、お箸を洗面所へ洗いに行ったら、

鏡に自分が映って、首に数カ所じんましんが広がってるのが見えました。

 

病室に戻って、太ももを見てみたら、、、

大量の大きめな じんましんが!!!

 

こりゃダメだと思い、ナースステーションへ申告。

 

病室へ何回か看護師さんが見に来てくださって、

病棟の先生も見に来てくださいました。

 

食べ物のアレルギーは無いし、

薬のアレルギーも無いので 原因は不明。

 

塗り薬か、飲み薬を出しますとのことでした。

(21時現在 まだ届いて無いので、痛痒さとも戦っています、、、)

 

 

21時から絶食。

 

明日は朝6時から分娩準備を始めていくそうです。

 

起床時のチラージンだけ服用して、

朝7時以降は、お水も飲めなくなるとのこと。

 

無痛分娩は、絶飲食だそうです。

 

いよいよ明日の朝から出産本番です。

 

母子ともに元気で、

スルッポン!と産めますように。

 

 

38w5d 〜 39w2d までのこと

今日は、3月17日(日)で 39週2日になりました。

 

臨月に入ってからの内診後は、

毎回1〜3日間くらい 少量の内診出血が出たので

ナプキン必須でした。

 

3月14日(木)が、38週6日だったのですが、

初めて 粘液栓らしき どろっとした塊のオリモノが出ました。

血液は混じっていなかったので、おしるしではないですが、

少しだけ出産兆候に近づいたのかなぁ?と感じました。

 

お腹が張る日が増えてきました。

 

完全に昼夜逆転になってしまい、

夜 布団に入って寝ようとしますが、

早くて朝の4時くらい、

遅いと朝の6時過ぎてから ようやく眠ることができる状態が続いています。

 

その分、日中に眠気がきて

寝れる時に眠るような生活になっています。

 

 

あっという間に、明日が入院する日になりました。

 

逆子が治ってから、まめは ほぼ同じ体勢でグルグル動いています。

 

頭が下で、背中は私のお腹の右側に。

足は私の左脇腹や左の肋骨辺りをドスドスと蹴っています。

 

この胎動を感じられるのも、

今日と明日までなのだなぁと思うと

なんだか不思議な感じでもあり、

しみじみとします。

 

 

 

 

実は先日、私の誕生日を迎えました。

 

とうとう、46歳。

はやいなぁ。。。

 

46歳での初産。

ただただ、母子ともに元気で産むことができれば と思っています。

 

 

38w4d 最後の妊婦検診

3月12日(火)が、38週4日で

慈恵医大での 最後の妊婦検診でした。

 

NSTと内診、診察の予定だったのですが、

呼ばれて案内されたのは腹部エコーのお部屋。

 

あれ?と思っていると 助産師さんが

先週NSTでしたよね?と。

 

いえ、先週はエコーで 今日はNSTと聞いていたのですが、、、と言うと、

おそらくカルテとかを見てくださって 他の助産師さんとも相談されていたようですが、

 

エコーの準備お願いします、必要でしたらNSTもします、とのこと。

 

どうやら先生からは、今日はエコーで指示が出ていた様子でした。

 

私的には、もうエコー越しには会えないと思っていた まめの様子が見えるので

エコーでラッキーだと思いました。

 

 

BPD    95.5ミリ (OOR ← いつ生まれてもOKな大きさ)

AC     328.4ミリ(OOR)

FL       69.2ミリ(38w6d相当の大きさ)

EFW   3171g     (40w3d相当の大きさ)

MVP    5.25センチ

 

 

推定体重は、今回あと2回 測り直してくださったのですが、

 

EFW   3145g     (40w1d相当の大きさ)

EFW   3048g     (39w3d相当の大きさ)

 

ということで、どれも3000gを超えていて

3100g前後な様子でした。

 

まめ は ずっと順調に育ってくれています。

 

 

その後は内診。

 

子宮口の開きは、かろうじて1cmくらいとのこと。

 

先週は、ぴったり閉じていたので

少しだけ進んでくれた感じです。

 

 

診察室へ行き、

・ 来週の計画無痛分娩のこと

・ 同意書のこと

・ 入退院窓口で部屋の希望を出すこと

などを聞きました。

 

 

 (それまでに自然に陣痛や破水などなければ)予定通り、

 

3月18日(月) 13時入院 → ダイラパン等 色々と必要な処置を行う。

 

3月19日(火)  誘発、麻酔など経膣での出産を目指す。(一番の出産予定日)

                           → 夕方までに産まれそうになければ麻酔打ち切り。翌日の出産を目指す。

 

3月20日(水)  誘発、麻酔など経膣での出産を目指す。

                           → この日に経膣で難しいと判断したら、帝王切開での出産に切り替えるとのこと。

 

ということで、(その前に自然に陣痛が来なければ)

早ければ19日、遅くても20日には生まれる予定です。

 

 

これで最後の妊婦検診だと思うと、

色々と感慨深くて、しみじみと感じました。