44歳からの着床前診断

神戸ARTレディスクリニック(旧名: 大谷レディスクリニック)にて着床前診断をしている44歳。(現在45歳) 絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

24w0d に なりました

 

今日で 24週0日になりました。

 

妊娠7ヶ月になるのですね。

 

最近、月日が経つのが やけに早くて

いつの間にか ここまで来た感じです。

 

つわりも終わったようで、

時々 気持ち悪いことはありますが、吐くことは無くなりました。

 

身体の動きも、前よりもラクです。

 

ただ、お腹が少しずつ大きくなってきたので、

すぐお腹いっぱいになります。

そして少し息苦しい。笑

 

相変わらず、耳も、鼻も詰まっているのが続いています。

 

全身の痒みは時々出ます。

ヘパリン注射の跡も、時々膨れて かゆいです。

 

そんなマイナートラブルもありますが、

毎日、お腹がポコポコと動いて、

夫婦で まめに話しかけています。

 

検診のたびに、まめ が週数相当、順調に育っているのが一番嬉しく、夫と共にホッとします。

 

予定日まで、あと 112日。

元気に育ってくれますように。

 

 

 

《過去の経過》20w4d 〜23w4d

過去の経過の続きです。

 

◎ 20w4d 〈11月6日(火)〉

 

慈恵医大   産科での診察

 

CRL   142.7ミリ

BPD    48.9ミリ(20w6d相当の大きさ)

AC     160.0ミリ(21w3d相当の大きさ)

FL       35.5ミリ(21w5d相当の大きさ)

EFW   398g      (21w1d相当の大きさ)

羊水量もいいですね、とのこと。

 

この日は、妊娠中期のスクリーニング検査だったので、

いつもよりも色々なところをエコーで確認していました。

今のところ不具合もなく、順調とのこと。

 

あとは、内診もありました。

子宮頸管の長さも、40ミリ以上あったようで問題ないとのこと。

クラミジアの検査もこの日にしました。(後日の結果で陰性とのこと。)

 

先週の痒みは、検査の結果やはりカンジダだったとのこと。

 

あとは、胎盤の位置が低めだと言われました。

子宮口には胎盤はかかっておらず、1.2cm離れている状態とのこと。

ただ、これから子宮が大きくなるにつれて 胎盤も上がって来ることが多いので、現状では問題ないとのこと。

 

 

診察の最後に、もしも可能なら 夫と一緒に車で近場の温泉に行きたいことを先生に相談。

無理しないことを条件に、許可をいただきました。

(全て夫の運転、頻繁に休憩、いつでも横になれる、観光しないので温泉宿と家以外は ほぼ歩かずという感じの1泊2日にしました。)

 

午後から初めての病院主催の母親学級に参加しました。

 

当日は雨。

開始時間の10分前に待合室集合でしたが、

トイレに行っていて3分くらい遅れて行ったら、第一陣が会場へ移動した後らしく、待つことに。

開始時間を10分くらい過ぎてから、案内されました。

やっぱり時間厳守、大切ですね。

 

参加者は、30代〜40代前半っぽい感じでした。

助産師さん、栄養士さん、産科や歯科の先生からのお話もあり、色々と勉強になりました。

 

12月にも母親学級、

1月には両親学級があるので楽しみです。

 

 

 

◎ 21w4d 〈11月13日(火)〉

 

温泉旅行に、11月12日、13日の1泊2日で行ってきました。

胎動があるので、赤ちゃんは元気なことはわかっていましたが、

念のため、旅行帰りの13日の夕方に4Dエコーの予約を取っておきました。

(もしもエコーで何かあれば すぐに対処できるように)

 

BPD    49.8ミリ(21w1d相当の大きさ)

AC     171.4ミリ(22w4d相当の大きさ)

FL       33.8ミリ(21w0d相当の大きさ)

EFW   430g      (21w4d相当の大きさ)

 

赤ちゃん週数相当で順調!

元気に動いてました。

 

4Dエコー、技師さんの技術(撮影方針)と、エコーの性能で、かなり違ってくるのだなということが判明。

 

今回は、赤ちゃんが向こうを向いてしまっている時間も長かったこともありますが、

前回のほうが良い映像が撮れてました。

 

でも、エコーで会えるのは やっぱり嬉しいですね。

元気に育ってくれてて よかったです。

 

 

 

◎ 22w4d 〈11月20日(火)〉

 

慈恵医大   糖・代謝・内分泌科での採血と、診察。

 

採血の結果

TSH    1.70(基準値 0.34〜4.04  妊娠に最適なのは2.5以下)

FT3     2.13(基準値 2.36〜5)

FT4     0.77(基準値 0.88〜1.67)

 

ここまでの結果から、チラージンを中止している状態でTSHは良いが、

FT3 とFT4 がどちらも低くなっている。

 

少しだけチラージンを足したいとのことで、25μgの錠剤の半分12.5μgを毎日1回 起床時に飲むことになった。

 

その他、

TSHレセプター抗体定量(第3世代)

サイログロブリン

抗サイログロブリン(Tg)抗体

抗TPO抗体

の採血結果から、

 

私は元々 橋本病ではなく、

妊娠のために一時的に甲状腺機能が悪くなっているだけとのこと。

 

前月に受けた甲状腺のエコー検査結果も、

小さめの甲状腺という結果で問題はなく、

もしも橋本病であれば甲状腺は大きめとのこと。

 

このまま、チラージン12.5μgを服用して、

次回は1月下旬に 経過観察するとのこと。

 

 

 

◎ 23w4d 〈11月27日(火)〉

 

慈恵医大   産科での診察

 

BPD    57.3ミリ(23w4d相当の大きさ)

AC     186.3ミリ(24w0d相当の大きさ)

FL       42.1ミリ(24w3d相当の大きさ)

EFW   640g      (23w6d相当の大きさ)

MVP   4.48センチで羊水量もいいですね、とのこと。

 

週数相当で順調です!

胎盤も(エコーで見る限り)綺麗とのこと。

 

先生から、

『まだ(低置胎盤の状態も含めてどうなるかは)わかりませんが、30週くらいで出産方法を決めていきます。

   今の時点で、自然分娩がいいとか、無痛分娩がいいとか希望はありますか?』

 

私『無痛は計画無痛分娩ですよね?

       家からここまで少し遠いので、できれば計画出産のほうが安心なのですが、、、』

 

先生『わかりました。計画無痛分娩 希望ですね』

 

ということで、希望を電子カルテに書き込んでくださいました。

 

なんだか、ドンドン決まっていきます。

ようやく現在まで 追いつきました。

 

 

このまま順調に育ってくれますように。

 

 

《過去の経過》13w4d 〜 19w4d

過去の経過の続きです。

 

 

◎ 13w4d 〈9月18日(火)〉

 

慈恵医大   産科での診察

今日から、不育症に強い先生の診察になりました。

慈恵医大の先生がたは、皆さん優しくて、しっかりと診察時間を取ってくださいますが、

担当になった先生も更に良い先生で、質問もしやすい先生でした。安心です(^^)

 

CRL   77.88ミリ

BPD   23.2ミリ(13w1d相当の大きさ)

 

この頃から、週数相当かを見るのはBPDが目安になるとのこと。

週数相当で順調にきているとのこと。

 

採血結果(30項目測定)

AST   44(基準値 13〜30) 前回は68

ALT    85(基準値 7〜23)  前回は135

だいぶ下がってきました。

肝機能を助ける?お薬を1日3回 各2錠 継続。

 

Dダイマー   0.8(基準値 0〜1)

ヘパリンは変わらず効いているとのこと。

 

2〜3週間前くらいから、全身が所々 激しい痒みがして掻きむしってしまい、ボロボロで色素沈着もしてきたので相談しました。

 

妊娠すると痒みがでる人がいるとのことで、

この後、皮膚科へコンサル(受診)させてくれることになりました。

 

妊娠してから、鼻詰まりぎみなのと、耳が詰まったような感じで自分の声もこもって聞こえてしまうことを相談したら、

それも妊娠すると鼻の管や耳の管がむくんで、そうなってしまう人がいるとのこと。

出産したら治るようで、それまでそのままみたいです、、、

 

あと気になっていた ヘパリンとバイアスピリン がいつくらいまで続くのかを尋ねてみました。

 

先生『あれ?言われてない?

           バイアスピリンは、31週まで。

           ヘパリンは、36週までです。』

 

私『そうなのですね。途中で無くなるとか期待せずに、淡々と続けていきます。』

 

ということで、37週から正産期なので 要するに産むまでヘパリンは必要ということですね。

 

 

おそらく この日だったと思うのですが、

先生から『出生前診断とかは考えていますか?』と聞かれました。

 

私は『着床前診断で正常卵とされた卵を移植して妊娠したので、検査は考えていなかったのですが(必要でしょうか?)、、』と答えると

 

『あれ?(紹介状は)神戸ART、、(という病院でも着床前診断をしてるの??)』という感じだったので、

 

『あ、神戸の大谷です。4月から病院名が変更になったので、、、』と言うと、

『大谷なのですね。着床前診断を受けているなら(受けなくてもいいですね的な雰囲気でした)』

 

 

その後に皮膚科に行って、患部をいくつか見ていただきました。

一番ひどい所が、もしかしたらカビかも?とのことで、若干めくれた皮を採取してみてもらいましたが、

結果的にはカビはおらず、妊娠性の痒みという診断で、塗り薬をもらいました。

→ 塗り薬で1週間くらいで痒みがおさまりましたよ!

     色素沈着はもう少しかかりましたが。

     もっと早くに先生に言えばよかったです。

 

 

 

◎ 15w4d 〈10月2日(火)〉

 

慈恵医大   産科での診察

 

CRL   97.43ミリ

BPD   31.4ミリ(15w4d相当の大きさ)

MVP   40.1センチ

 

週数相当で順調にきているとのこと。

MVPが何ものか 詳細はわかりませんが、この数値を測定した後にいつも 『羊水量もいいですね!』と言ってくださるので、羊水量が良いかどうかの目安で測定している箇所なのかな?と思っています。

 

採血結果(30項目測定)

AST   21(基準値 13〜30) 前回は44

ALT    27(基準値 7〜23)  前回は85

ほぼ基準値まで下がってきました。

肝機能を助ける?お薬は、今日から飲まなくてよいとのこと!

つわりで吐くのを我慢しながら飲んでいたので、飲まなくてもよくなったことが嬉し過ぎて感動してしまいました。笑

もう、通常の検診での採血以外はしないとのこと!

毎回採血だったので、それも嬉しかったです(^^)

 

Dダイマー   1.0(基準値 0〜1)

ヘパリンは変わらず効いているとのこと。

 

ここで診察が終わりそうだったので、初回の産科検診での 風疹抗体と甲状腺機能の値以外の採血結果を確認する。

→ 多少の誤差はあるが、全部大丈夫とのこと!よかったー(^^)

 

次回の慈恵医大での診察は、本来なら4週間後とのことだが、私たちの希望で2週間後の10月16日となる。

 

この時点での服薬は下記です。

朝 ヘパリン注射

昼 バイアスピリン葉酸サプリ、ヘム鉄サプリ

ビタミンDサプリ、ヘパリン注射

 

 

 

◎ 16w4d 〈10月9日(火)〉

 

戌の日。

午後から近場の小さな神社に戌の日のお参りに夫と行きました。

 

つわりもあったので、車で、お参りも並ばずに、行けるところへ。

 

私たちと もう一組だけの少人数でしたが、

祝詞の中で妊婦の生年月日も読み上げるのですね。

もう一組のかたは30代後半だったので、若っ!!と思ってしまいました(汗)

 

実家は地域柄、神道だったので、祝詞は懐かしい感じがしたのですが、

そういえば、私は今までお葬式の参加が多くて、

生まれることに対する神事は初めてだったなぁとしみじみ感じてしまい、

最後の方は、こんな日が来たんだなぁと一人で密かにウルウルしていました。

 

戌の日のお参り、私は来てよかったです。

 

 

夕方は、

4Dエコーを撮っておきたくて、ネットで撮影してくれる病院を探して行ってきました。

 

合間に2Dエコーで赤ちゃんの大きさも測定してくださいました。

BPD   35.1ミリ(16w4d相当の大きさ)

AC    111.3ミリ(16w5d相当の大きさ)

FL       20.1ミリ(16w1d相当の大きさ)

EFW   121g

 

ACはお腹の幅で、

FLは大腿骨の長さで、

EFWは推定体重のようです。

 

この日も週数相当で順調に育ってくれてました!

手のひらに全身がすっぽり収まるサイズとのこと。

 

4Dエコーの機種や病院の方針にもよるのかもしれないですが、

色々とネットで調べていた時に、このくらいの週までなら全身が画面に収まるとあったので、狙って4Dエコーを撮影しました。

 

私の行った病院は、16週まではちゃんと映らない可能性があるのでオススメしないですが、とのことでしたが、

私は撮影をお願いしました。

 

結果的に、ものすごく良く写ってくれました!

動いているところもバッチリ録画してくださって。

もうね、私も技師さんも『可愛い!!!』を連発。笑

親バカですみません(汗)

その場で一緒に見ていた夫も、撮影して良かった!!と言ってました。

 

技師さんにオススメの週数を聞くと、26週とのこと。

身体全体は入りませんが、お顔がよく見える週数のようです。

夫と相談して、21週と26週くらいに また4Dエコーを撮影しようと決めました。

 

 

 

◎ 17w4d 〈10月16日(火)〉

 

慈恵医大   産科での診察

 

CRL   118.68ミリ

BPD    39.0ミリ(17w6d相当の大きさ)

AC     125.4ミリ(18w0d相当の大きさ)

FL       25.1ミリ(17w6d相当の大きさ)

EFW   182g

MVP   40.3センチ

心拍数も150でした。

 

たった1週間で、1.5倍の体重になってる(驚)

全て週数相当で順調とのこと。

 

 

 

◎ 18w4d 〈10月23日(火)〉

 

慈恵医大   糖・代謝・内分泌科で指示された甲状腺のエコー検査に行きました。

 

色々と測定されて、結果は1ヶ月後の糖・代謝・内分泌科の診察でとのこと。

 

 

 

◎ 19w4d 〈10月30日(火)〉

 

慈恵医大   産科での予約無しでの診察

4〜5日前からデリケートゾーンの痒みがあり、我慢できずに病院へ。

 

担当の先生は予約でいっぱいとのことで遅くなってしまうそうで、

初診の先生に診察をお願いしました。

 

内診の結果、恐らくカンジダっぽいとのこと。

膣錠を入れてもらい、塗り薬ももらいました。

→ 結果、1週間くらいで治りました。

     カンジダにかかったの、初めてでしたが、

    もっと早く行けば良かった。。。

 

 

 

結局、10月は毎週 病院に通院してました。

 

 

《過去の経過》10w6d 〜 12w4d

簡単にですが、途中経過の状態を書いておきます。

 

 

◎ 10w6d 〈8月30日(木)〉

 

慈恵医大   生殖・内分泌科での診察

CRL   39.0ミリ(11w0d相当の大きさ)

BPD   15.9ミリ(11w0d相当の大きさ)

 

採血結果(39項目測定)

AST   70(基準値 13〜30) 前回は19

ALT   149(基準値 7〜23)  前回は34

肝臓の数値が高いが、ヘパリンは辞めたくないとのこと。

肝機能を助ける?お薬を1日3回 各2錠追加となる。

 

TSH   0.04(基準値 0.34〜4.04  妊娠には2.5以下が望ましい)

FT4   2.06(基準値 0.88〜1.67)

チラージンが多過ぎる状態とのこと。

50μgから、その半分の25μgへ変更とのこと。

 

Dダイマー   0.7(基準値 0〜1)

この数値を見て、ヘパリン効いてますね!このままいきましょうとなりました。

 

 

次回から、産科に移ることに。

今後、受診曜日や担当医が固定になるので、

夫と検診に行くことができる曜日をいくつか言うと、

私の状況から不育症のことに強い先生に当たるように曜日をものすごく考えてくださいました。

 

次回、産科を初診扱いで受診。

再診担当の先生の中に、不育症に強い先生がいるので、その先生に当たれるように祈る。

 

 

 

◎ 11w4d 〈9月4日(火)〉

 

慈恵医大   産科での診察

初診扱いになるとのことで、その曜日の初診担当の先生にあたる。

お目当ての再診担当の先生ではなかったです。

 

CRL  、BPD 、心拍数をエコーで測定してくださったが、

もらったエコー写真に測定記録が無くて分からず。

でも、どれも週数相当と仰っていたのでホッとする。

 

採血結果①(30項目測定)

AST   80(基準値 13〜30) 前回は70

ALT   155(基準値 7〜23)  前回は149

前回までの生殖・内分泌科の先生にも電話で確認をとってくださったが、

やはりヘパリンは辞めたくないとのこと。

肝機能を助ける?お薬を1日3回 各2錠のまま継続。

 

Dダイマー   0.8(基準値 0〜1)

ヘパリンは変わらずに効いているとの判断でした。

 

採血結果②(51項目測定)

診察後に産科検診の初回の採血。

結果は2週間後と言われたが、忘れてしまい、

詳細を実際に聞いたのは10月2日でした。

 

 

今後は本来なら4週間に一度の産科検診になるとのことでしたが、

肝機能の数値もあるので、次週も診察となる。

次週も私が診ますね、ということで引き続き初診担当の先生に。

 

ここでプチ事件が。

診察室に、別の先生が不意に入ってこられた際に、

初診担当の先生が、『あ!今度(次々週)からこのかた(私)の担当お願いします!』と。

そして私に、『担当になる◯◯先生です!』と。

 

私の内心は、

ええー!?生殖・内分泌科でものすごく考えてもらった先生と違う先生だ!!

どうしよう。いいのか??私の状態は不育症に強い先生の方がいいのじゃないのか??

でも、大学病院って白い巨塔的(?)な難しい関係性とかあるの??

私がここで何か言ったら、前回まで診察してくださった先生にご迷惑をかけてしまう??とワサワサ。。。

 

とりあえず、『よろしくお願いします』しか言えませんでした。。。(小心者)笑

 

 

◎ 12w4d 〈9月11日(火)〉

 

慈恵医大   産科での診察

エコー無し。

 

採血結果(30項目測定)

AST   68(基準値 13〜30) 前回は80

ALT   135(基準値 7〜23)  前回は155

肝臓の数値が高いが、ピークは越えた感じとのこと。

肝機能を助ける?お薬を1日3回 各2錠 継続。

 

Dダイマー   0.7(基準値 0〜1)

この数値を見て、ヘパリン効いてますね!このままいきましょうとのこと。

 

前回行った、産科の初回の採血結果の一部が出ているとのことで、

現時点での懸念点を教えてくださいました。

 

懸念点

① 風疹の抗体が低い

    → 8倍という結果。2年前にも低いと言われてワクチンを接種したのに抗体がつかなかったです。

         対応策は、人混みに行かない。外出を控える。マスクをする。という感じで、気をつけるしかないとのこと。

 

甲状腺機能の数値

     → この後で、糖・代謝・内分泌科へコンサル(この後に受診)とのこと。

 

 

ここで今日の産科での診察が終わりそうだったので、

意を決して、次回からの担当の先生について

『不育症に強い先生が火曜日の再診担当でいらっしゃると伺ったのですが、その先生に担当していただくことは可能でしょうか?』と聞いてみました。

 

 あっさり、『いいですよ』と仰ってくださったのですが、

予約枠が無いくらい満杯でした。

それでも、最後でもいいので何とか入れてもらえませんか?と食い下がり、ねじ込んでいただきました。

よかった〜(^^)

 

 

糖・代謝・内分泌科での先生のお話。

私の採血結果を時系列で出される。

 

           8/23         8/30         9/4

TSH   0.23L       0.04L       0.02L

FT3    3.65         4.26

FT4    1.69H       2.06H      2.13H

 

 Lは基準値よりも低値。

 Hは基準値よりも高値。

 

この間 減薬したが、まだチラージンが多過ぎるとのことで、一旦 チラージンを中止にするとののこと。

その上で、10月下旬に甲状腺エコー検査と、11月に採血をして経過観察するとのこと。

 

今の採血結果だと、動悸とか息切れが出てくると言われましたが、

まさしく動悸も息切れも激しい状態で、、、その上、つわりで嘔吐。

まともな状態ではなかったです、、、

 

22w0d です《性別判明!》

今日が22週0日です。

 

今日で、流産の壁を超えることができました。

 

とはいえ、もしも今 生まれてしまうと早産になってしまいますが、、、

 

22週を超えると、何かあったとしても 医師は赤ちゃんを助けてくれようとしてくれるとネットに書いてあったので、

早く22週に入って欲しいと思っていました。

 

 

まめ は、今日も お腹の中で元気に動いてくれています。

 

ここ2週間くらい、ずっと吐くこともなく。

ご飯が美味しいと感じるようになりました。

 

嬉しい〜!!

 

 

 

21週4日に、別の病院で4Dエコーを撮ってもらいに行ったのですが、

ついに性別も判明しました!!

 

どうやら、男の子だそうです。

 

移植前に見た夢が、正夢になりました。

ひゃー!!

 

すごいな、夢って。

 

 

 

生まれてくるまで、あと4ヶ月くらい。

 

そう考えると、月日が経つのがとても早くて

不思議な感じもします。

 

あと4ヶ月、無事にスクスクお腹の中で育ってね。

 

12時間ごとにヘパリン注射を打ちながら、

元気に生まれてきてね!と 毎日 祈るような気持ちです。

 

20w0d に なりました

今日が20w0dです。

妊娠6ヶ月目に入りました。

 

280日の妊娠期間のうち、140日目。

ちょうど折り返しまで来ました。

 

今までも 少しずつお腹が出てきていましたが、

服を着ると 外見上は妊婦とはほぼ分からず。

 

でも、この一週間くらいで(おそらくここ2〜3日で) 急にお腹が出てきました。

 

今日は試しに妊娠前に着ていたワンピースを着てみたら、

こりゃ妊婦と分かるだろうなぁと自分でも初めて思いました。

 

 

胎動が分かったのは早くて。

15週の中頃か終わりには、これかも?というのが続いていて。

(きっと、BMIが17前半とガリガリに痩せたことと、

    つわりでほぼ引きこもり生活だったからだと思います。。)

 

日に日に、やっぱりこれだよなと自分でも分かるようになりました。

 

 

つわりは、1週間くらい前までは

通院などで動いたりすると1〜2回吐いてしまっていましたが、

 

なんと昨日、今日は、用事で少し歩いたのですが、

うっすら気持ち悪いくらいで とっても快適に過ごせました!!

 

今日に至っては、むしろ、ご飯が美味しく感じて!!

(なんか久しぶりの感覚〜!!)

 

今まで食べても小さなご飯茶碗に半分〜八分目くらいが限界でしたが、

なんと、定食のどんぶり茶碗にいっぱいのご飯を食べてしまいました(驚)

 

はぁ〜、、、食べれるって、すごい幸せなことだ、、、

と、噛みしめておりました。

 

 

このまま調子が良ければ、

今までの成長記録や病院での状況記録を

簡単にでも まとめておきたいと思います。

( まめ は ずっと順調でしたのでご安心を。

     私=母体は、色々とありましたが。笑)

 

ちなみに次の通院日は、4日後の20w4d。

妊娠中期のスクリーニングです。

 

いつの間にか1ヶ月経っていました

ご無沙汰しています。

 

今日は 15w0d です。

 

ほとんど寝たきり生活が続いていますが、

少しずつ 食べられることが増えてきました。

 

寝たきり生活だと、吐かない日も出てきましたが、

診察などで外出すると、2〜3回吐いてしまうし、

 

立ちくらみで倒れそうになったり、

しゃがんだら自分で立ち上がれなくなったり、

座り込んで しばらく動けなくなってしまったりと、

 

まだまだ まともに生活できない状況が続いています。。。

 

体重も、42キロ台まで減ってしまいましたが、

今日は、かろうじて43キロ台に入ってくれました。

 

明らかに気持ち悪さは 少しずつ楽になってきているので、

つわりも あともう少し! と自分に言い聞かせています。

 

前回の診察(13w4d)のエコーで、

赤ちゃんは元気に動いていました。

 

成長も、週数相当で順調とのこと。

よかった。

 

母体がこんな状態でも、育ってくれているだけで充分。

感謝しかありません。

 

 

ご心配をいただいたかた 本当にありがとうございます。

 

取り急ぎ ご報告まで。

 

また体調落ち着いたら、ブログに書きたいと思います。