44歳からの着床前診断

神戸 大谷レディースクリニックにて着床前診断をしている44歳。絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

D15 診察日

今日はD15です。

 

ゴナールF150+低容量hcg注射

 →これが多分3mlくらいあって、なかなか注射時間が長いです。

 

ガニレスト注射

 

卵胞 19.2ミリ、13.7ミリ

 

E2 1261

LH. 6.46

 

片方の卵巣は、5個くらい卵胞が育ってきています。

北川先生曰く、数育ってきてますよー、4個くらい取れたらいいですね、と。

大きさが13.7ミリ。

 

もう片方の卵巣は、子宮の向こう側に移動しちゃってるのか、あまりハッキリ見えず。

でも大きな卵胞が1個あって、それが19.2ミリ。

 

数を取りたいので、小さいものが大きく揃って育ってくれるといいな。

 

私は卵胞が育ってくると、お腹が張るというか、地味にチクチク痛くなります。

一昨日から今朝まで少し楽になっていたのだけど、

卵を育てる注射を今日、打ってから1時間くらいでお腹が張ってきました。

ある意味、注射の効果を実感していますが、もう少し楽になってくれないかなぁと思っています。

 

全く痛みを感じないかたもいらっしゃるので、個人差が大きいのかな。

 

まぁ、このくらいの痛みで卵がたくさん取れてくれたらラッキーだなぁと思っています。

 

 

明日のD16は注射のみで受診。

D17の月曜日は、診察、採血、注射の予定です。

 

採卵日はこのままいくと、水曜日のD19〜金曜日のD21あたりが濃厚になってきました。

 

いつも仕事を調整してくれて、採卵日に神戸まできてくれる夫に感謝です。

いつもありがとう。