44歳からの着床前診断

神戸ARTレディスクリニック(旧名: 大谷レディスクリニック)にて着床前診断をしている44歳。(現在45歳) 絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

36w0d 出血し入院

2月22日(金)で 36週0日となり、

妊娠10ヶ月(臨月)に入りました。

 

最近、夜に寝ようとすると胎動が激しかったり、

お腹も圧迫されていて すぐ尿意を感じて何度もトイレに行くので

ずっと朝の3時半とか4時半とかまで眠れません。

 

そして、朝におおかたの家事を終えてお昼ごはんを食べると眠くなり、、、というパターンが多くなっていました。

 

この日も、臨月まできた安堵とともに

午後から横になっていました。

 

いつのまにか寝落ちしていて、

起きたら18時30分くらいになっていて驚き、

夜ご飯の準備に起きようとして トイレに寄りました。 

 

おりものシートは キレイなまま。

用をたして、ティッシュで拭いたら鮮血がべっとり、、、

 

えっ!?と驚いて、トイレの中を見たら

鮮血が帯状に流れてる!!!

 

お腹も どこも痛くない。

どこからの出血!?と、再度ティッシュで確かめてみるが、膣からのもののよう。

 

落ち着け、私。

とりあえずナプキン。

夫に連絡。→ ちょうど仕事を切り上げたから すぐ車で家に戻るとのこと。

慈恵医大にも連絡。

 

慈恵医大の当直の女医先生に状況を伝えたところ、

胎動はある?と聞かれて、

(あれ?眠りから覚めて起きようとする前には動いてたけど、、、)今は動いてないです、、、あれ?寝てるのかな??と なんだかトンチンカンな返答をしていました。

 

前回 出血した時は、1時間後に出血が止まらなかったら もう一度電話してください。

止まったら 来院しなくて大丈夫ですと言われていたので、

 

1時間くらい様子をみたほうがいいですか?と聞くと、

出血量も多いし、36週ですよね?電話ではこれが大丈夫な出血かどうかわからないので、心配でしょうから来てください。どのくらいで来れますか?とのこと。

 

夫の事務所からの時間、家から高速で病院まで行く時間を足して、

早くて1時間、渋滞していたら1時間半後になるかもしれませんと伝えると、

 

もしも、もっと出血量が増えたり、

お腹が痛くてたまらない状態になるようだったら、

自家用車ではなく、救急車呼んで来てください!と言われて、電話を切りました。

 

そうそう、電話の途中で持ち物も聞いてました。

最悪、お産で入院する時の荷物いるのかなと思って。

 

そしたら、ご家族のかたもいるでしょうから、

もし必要な時は後から持ってきてもらえれば、、ということで、診察券、保険証、母子手帳は忘れずに持ってきてくださいとのことでした。

 

電話を切ってから、着替えて最低限の荷物を準備する。

 

立ったり座ったりするたびに、出血がトパッと出てくる感覚を感じたのが怖かったです。

 

でも、その頃には少し胎動が戻ってきていたので、

大丈夫、まめは生きてると実感できたので 自分を落ち着かせることができました。

 

思ったより早く夫が帰宅。

(きっと急いでくれたんだな、、、)

すぐに車で病院へ向かいました。

 

高速は想像したよりも空いていて、

スムーズに病院まで行けました。

 

到着したのは19時半過ぎ、20時前かな。

 

電話で聞いたとおり、夜間の窓口で説明したら、ちょっと待ち時間があって、立ったままだったので ちょっと辛かったです、、、

 

産科へ連絡済みと言うよう念を押されて、まず救急部へ行くように案内される。

 

椅子に座って待っていると、夫が駐車場から合流。

同じくらいに看護師さんに呼ばれ、血圧確認や出血量などを確認。

熱は36.9度でした。

 

当直時間だから、産科の入院病棟へ行くようにとのことで、

車椅子での移動を指示される。

 

病棟に着くと、陣痛室のベッドへ案内される。

経腹エコー、NSTをして、

 

子宮内からの出血ではなさそう、

胎盤剥離もしていない感じ、

赤ちゃんも心拍、胎動とも元気、

お腹の張りも1〜2回しかない

 

ということで、少しはホッとする。

 

内診室へ車椅子で移動。

 

下着を脱いだ瞬間、想像以上の出血量と今まで見たこともないくらい大きな血の塊がゴロッとナプキンに乗っていてビックリ。

 

その場にいた看護師さんも、見てビックリ。

出血量を確認するためにナプキンごと渡す。

 

内診台で先生が、これは、、かなり出血してるね、、と先生の想像も超えていた様子。

 

膣の中にはまだ血液が溜まっているとのことで、どこからの出血かはわからないと。

 

子宮頸管長は まだ30ミリあるし、

子宮口も閉じている。

子宮側の出口もエコーで見る限り閉じている。

ん?少し胎盤低いめ?言われてる?というので、

最初は低いと言われていたけれど、最近は上に上がってきたから心配しなくてよいと言われてましたと伝える。

そうだね、、、ものすごく低い訳ではないけれど、、とのこと。

 

内診でも、今すぐ対応必要な切迫早産の傾向はみられないが、

どこから出血しているのか分からないだけに、大丈夫とも言えないから帰せない。

 

とりあえず、今夜は入院して

明日の朝、大丈夫だったら 午前中くらいに退院しましょうとのこと。

 

ヘパリンは、とりあえず今夜と明日の朝の分は中止にしましょう。

その後はどうするかは、他の先生とも相談しますとのこと。

 

その時、おそらく22時30分過ぎてたかな。

 

先生に、お昼から何も食べてないので、

コンビニか何かで夫に買ってきてもらって 食べたいというと、食べてないの!?と。

院内のコンビニは21時で閉まるとのことで、外におにぎりを夫に買いに行ってもらいました。

 

陣痛室のベッドに戻ると、熱の計測。

37.3度。あれ?少し高いな、、、

看護師さんがどの部屋へ移動するか迷ってました。

 

ごはんを食べて、30分後くらいかな?

また熱の計測。

あれ?37.5度、、、なんでだろ?ごはん食べて1時間経ってないからかな??

 

看護師さん、更に部屋を悩み出す。

私、ここ(陣痛室)でもいいですよ、と言うも、他に人がいるし、お産で来る人が居たら 眠れないと思うよ、とのこと。

 

看護師さんにお任せしていたら、

大部屋に行きましょう!と。差額のかからない6人部屋へ移動しました。

 

そのあとしばらくして看護師さんがまた熱の計測に来た。もう0時過ぎてる。

測定すると、37.7度、、

 

看護師さん、部屋をまた悩み出す。

しばらくしてまた熱の計測。

37.9度!!

 

ちなみに部屋の気温暑いな、、くらいで

自分が熱があるような自覚はない、、、

 

またしばらくして、部屋を移りましょう!ときた。

 

感染症の疑いがあるから、大部屋ダメ。

でも個室は埋まっていて使えない、、、

ということで、連れていかれたのは

 

なんと分娩室!!!

 

分娩台の横に、ベッドを無理矢理運び入れて

扉を全て閉めて、、隔離。。。でした。

 

なかなか無い体験ですよね、

分娩台室でお泊りって、、、

 

ちなみに電気を消しても、壁にある産まれた日付と時間をすぐに確認できるための表示は煌々とついているので、

とっても明るかったです。

 

そして、早朝から助産師さんや、掃除のかたなど、分娩室を整えるために働いていらっしゃる方々が、

扉を開けて、私を見てビックリして、すみません、、と何人も出て行く感じで、

私のほうこそ申し訳ない感じでした。

 

朝の体温は、36.9度。

NSTも良好。

先生がお忙しいとのことで、11時30分過ぎに内診。

出血は止まっているとのことで 一安心。

 

でも、

明日から土日だから、家に帰ってまた出血しても大変だろうから、少なくとも週明けまでは入院した方が安心だと思うとのことで、入院継続が決まりました。

 

ヘパリンは、主治医に週明けに確認してどうするかを決めるとのこと。

それまでは中止。

 

チラージンは、入院の荷物を持ってきてもらう時に一緒に持ってきてもらい、服用継続。

 

 

先生に、

あの、、私、いつからご飯出ますか?まだ入院の荷物も無いのでコップも無くて、昨日の夜から食べてなくて、、、というと、

 

先生と看護師さんが驚いた。

え!?水分も取れてないの!?

(だって、今朝 遅くとも午前中までには退院の予定だって言ってたし、朝ごはんも出なかったから、、そもそも分娩室にいたから朝ごはんが出てないことに気づかれていなかったかも、、)

 

もうすぐお昼だから、食事でます!

すぐに紙コップと割り箸用意しますね!!と。

 

それから、

熱は下がったけれど、一旦上がってたから感染症の疑いが無くなるまでは大部屋には入れられないとのこと。

一番広い個室が午後から空くとのことで、午後から移動の予定とのこと。

 

一番広い個室って、、、差額が一泊3万超えてたところですよね??

 

そーですね。

 

(お産なら期間限定だけど、今回はいつまで入院か確定してないだけに)

高いな、、どうしよう、、と心の声が漏れると、

 

うーん、、そういうことでしたら、

今回はこちらが(感染症かもしれないから隔離したいために)部屋を分けたいので、事務に(差額はとらないように)言っておきます、と。

 

助かりました。

 

 

 

その後、土日も出血なく、

NSTでも赤ちゃんは元気、

お腹の張りも少なめ、

 

ただ、熱が上がったり下がったりと不安定。

でも何とかギリギリで、感染症の疑いが晴れる月曜日の朝に退院するつもりでいたら、

 

朝になって、主治医が休日だから、

もう1日入院継続して、主治医の診察で退院しましょうと。

 

土日はなかった回診に大勢の先生が来て、

採血結果が貧血だと。

鉄剤処方するとのこと。

 

午後からは大部屋に移動。

空調が暑くてたまらない。

 

鉄剤を夕食後に飲んだら、副作用で気持ち悪くて

何度も吐きそうになる。

明日の朝は飲まずに、別の鉄剤を処方するとのこと。

 

熱の計測で、夜にまた37.8度。

何でだろう?まるで変温動物だわ。

 

夜中に看護師さんがきて、

とりあえず熱測って、もう一度高かったら 個室へ行こうと。

 

37.4度。

下がった。

どうも37.5度が判断ラインな様子で、そのまま大部屋で寝ました。

 

 

火曜日の朝、

NSTも熱もオッケー。

 

主治医の回診。

退院許可が出た。

ヘパリンは、もう後2日の予定で終了だったから、もう中止にしましょうとのこと。

 

余った注射をどうすればよいか聞くと、

出産後にもヘパリンを打ってもらうので、、、とのこと!!!

 

ええーーー!!!

ヘパリンから解放されるわけじゃないのだと驚いた。

でも、おそらく3日くらい??な感じらしいので、3日で終わることを期待しておきます。

 

 

とりあえず、 まめ も、私も元気です。