44歳からの着床前診断

神戸ARTレディスクリニック(旧名: 大谷レディスクリニック)にて着床前診断をしている44歳。(現在45歳) 絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

24w1d 〜 27w4d

12月の経過です。

 

◎ 24w3d 〈12月3日(月)〉

 

夫と一緒に六本木の新国立美術館へ。

11月に開催された日展へは、電車で一人で見に来ましたが、

ずっと立っていることや、歩き続けることが大変で、座っていた時間のほうが長かったかも。。という状態でした。

 

この日は夫と一緒に車で来たので、移動時の体力消耗は少なかったのですが、

やっぱり歩くと息苦しいし、しんどい。

 

体力あるうちに、東山魁夷展をなんとか回ることができました。

(とはいえ、何度か座り込みしそうになるくらいのツラさ、、、)

でもね、東山魁夷の絵は圧倒されます。

前日までの開催と思っていたので、見れてラッキーでした!

 

この日の本命は、もしかする未来展。

出入り自由だったので、体力的に耐えられなくなって、何度も廊下のソファーやベンチまで座りに行きました。。。

最後まで、なんとか見れました。

 

ほんと、妊娠中とはいえ こんなに体力無くなるなんて、、、

自分でもこれでこの先 子育て大丈夫かなって、思ってしまいました。。。

 

 

 

◎ 25w1d 〈12月8日(土)〉

 

慈恵医大での第2回目の母親学級。

 

リアルな重さの赤ちゃん人形や、授乳クッションを使って、

色々な授乳の仕方などを体験。

 

3キログラムくらいの人形でしたが、

こんなに重いのー!?

これがお腹に入ってて、出てくるのー!?と、皆びっくり!!

 

授乳クッションが必要なことも体感。

 

色々なお話がありましたが、

最後に病棟見学がありました。

 

フラッと誰でも病棟に入れるような状態ではなく、病棟入り口から中に入るのは厳重管理されてて。

 

入ってすぐの新生児室前で、しばらく待機している間

ガラス越しに新生児を見ることができました。

 

どれどれ、、、と何気なく覗いたのですが、

 

新生児が目に入った瞬間、

私の心はズギューン❣️❣️❣️と射抜かれました。

 

え!?新生児って こーーーーーんなに可愛いの!?!?

え!?いやいや、もう少し大きくなった赤ちゃんも可愛いと思っていたけれど、

ナニコレ!?新生児って、また全然違う!!!

 

自分でも ここまでの感情になるとは全く思っていなかったので驚きましたが、

もう心は射抜かれっぱなしでした。

 

その後は陣痛室とか、分娩室とか、空いている個室やシャワー室などを実際に見学して回って、

ここで産むんだとジワジワと実感が増えました。

 

 

 

 

◎ 25w4d 〈12月11日(火)〉

 

慈恵医大   産科での診察

 

採血34項目、多少の高低はありましたが、

妊婦はこんな感じだそうで、全てオッケー。

ヘパリンもちゃんと効いている数値とのことで一安心。

 

 

本当はこの日は助産師外来のみだったので、

エコーは無い予定でしたが、前回の診察時にこの日もエコー希望かどうかを聞いてくれたので、

エコーもお願いしていました。

 

BPD  、AC   、FL    、EFW  、羊水量

全て測っていただいたのですが、

もらったエコー写真には測定数値が載っておらず、

先生が手書きで 推定体重のみ書いてくださいました。

 

推定体重   924g

 

他の測定値も、全て週数相当で順調とのこと!

 

!追記!

診察室で、前院で検査して陰性と聞いた子宮頚がん検診の結果用紙が欲しいと言われる。

 

が、結果は口頭で聞いただけなので伝えると、

前院に行って結果用紙をもらってくるか、

ここでもう一度検査をするかの二択とのこと。

 

前院まで取りに行く時間ももったいないと思い、

ここで検査を受けらと決めて内診室へ。

 

ついでに、前回 低めだった胎盤の位置も経膣エコーで見てくれました。

 

子宮口から胎盤の端までの距離、2.5センチ!!

 

よかった!上がってた!!

 

 

 

そして、助産師外来へ。

30〜40分くらい夫も交えてお話を聞かせてもらいましたが、

途中で座っているのが辛くなったので、

私だけベッドに横になりながらお話聞いてました。

 

この時に、産科医療補償制度へも登録しました。

 

 

◎ 25w5d 〈12月12日(水)〉

 

予定日まで、あと100日になりました!

 

 

 

◎ 26w0d 〈12月14日(金)〉

 

近所の歯科で、歯のクリーニング。

 

前回、移植直前に行ったのですが、

この半年の間に、なんと小さな虫歯ができているとのこと。

大ショック!!

やっぱりカルシウム、赤ちゃんへ流れてくのかな??

 

奥歯の側面の根元なので、念のため麻酔注射をした方がいいとのこと。

麻酔自体は妊婦でも大丈夫とのことでしたが、

私はヘパリン注射とバイアスピリンを服用中なので、出血大丈夫なのかを確認すると、

産科の先生と相談してくださいとのこと。

 

次回の妊婦検診で相談しよう。

 

 

 

◎ 26w4d 〈12月18日(火)〉

 

4Dエコーをしてくれる産科へ受診。

 

26週がお顔を見るのに最適な週数と聞いていたので、

これが最後の4Dエコーだと思いながらワクワク。

 

見てみると、、、

なんと両足がお顔の前に!!!

そして足首を両手で掴んでいるという、アクロバティックな体制の映像がバーンと!!!笑

 

ま、まじですか、、、

お顔、隙間からしか見えず。笑

 

助産師さんも頑張ってくださるのですが、

なかなかその体制をやめてくれず。

 

でも、時々動くので、その合間を縫って

お顔を見ることができました。

 

かわいい、、、

夫ともども、親バカ炸裂です。笑

 

そして、慈恵医大での検診での2Dエコーでは、

いつもピッチリと両足を閉じて性別をはっきり見せてくれない まめでしたが、

なぜかこの病院の4Dエコーではバッチリと見せてくれるんです、、、

 

初めて4Dではっきりと見ましたが、

紛れもなく男の子でした!!

 

なんだかんだいっても、4Dエコーオススメです!!!

 

 

 

◎ 27w4d 〈12月25日(火)〉

 

慈恵医大   産科での診察

 

BPD    69.7ミリ(27w6d相当の大きさ)

AC     235.6ミリ(29w0d相当の大きさ)

FL       51.2ミリ(28w6d相当の大きさ)

EFW   1215g     (28w2d相当の大きさ)

MVP    4.97センチで、

羊水量もいいですね、とのこと。

 

夫と一緒に、元気で週数相当で順調な まめを見て

ホッと一安心。

 

歯科の麻酔注射の相談をしたところ、

麻酔注射自体は大丈夫だが、

出血が30分くらい止まらないこともあるから、うーん、、と。

 

親知らずを抜くような大量に出血することはダメだが、

注射、、、うーん、、、と悩まれてました。

 

あと、聞きたいことがないかを聞かれたので、

痒みはないが、オリモノが黄緑色のが時々出てくることを相談しました。

 

ほんと、昔の子の 青っぱな(黄緑色した鼻水のかたまり?)のようなのが、、、

 

結局、内診で見てもらったら、

どうやらカンジダっぽいとのこと。

 

痒みはないけれど、お正月に入るし、

念のため膣錠を入れてもらいました。

 

その時に、先生が歯科の麻酔について、

朝の注射時間を少し遅らせて、

先に歯科で治療をして、その後でヘパリン注射を打つことを提案してくれました。

 

それで行こう!と思いました。

 

!追記!

内診のついでに、経膣エコーしてくれました。

 

子宮頸管長が、4センチ以上あるので早産の兆し無し!

 

子宮口から胎盤の端までの距離が、3.5センチ!!

更に上がっていました!!

 

これで、逆子でなければ、今のところ経膣で出産できそうとのこと。

 

ちなみに、この日は横向き。

 

ただ、まめは今まで

頭が下だったのは、たった1回で。

 

あとは、横向きか、頭が上のことばかり💦

 

まだグルグル回る週数だそうなので、

心配しなくてもいいそうです。

 

とりあえず、順調でここまできました。

 

 

 

 

この12月は、はじめましての方々にたくさんお会いしたり、

お久しぶりの方々ともたくさんお会いしたり、

まめの肌着をたくさんいただいたり、

着床前診断の学会に参加したりと色々と動けたし充実していました。

 

 

だから、

この翌日に、あんなことになるなんて思ってもみなかったです、、、