44歳からの着床前診断

神戸ARTレディスクリニック(旧名: 大谷レディスクリニック)にて着床前診断をしている44歳。(現在45歳) 絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

D23 移植前の検査を相談

今日は中止となったERA検査周期のD23です。

 

11時30分 北川先生の予約。

 

前回、私が相談なく他院で内膜を取る検査をしてしまい、

万全の体制で北川先生はしてくれようとしていたのに、

私がERA検査をできなくしてしまったことで

北川先生に叱らせてしまったこともあり、

いつも以上にドキドキしていました。

(本当に申し訳ないことをしてしまいました)

 

診察室に入ってすぐに、北川先生に前回のことをお詫びしました。

 

そして、正常卵が1個なので、先に潰せるものがあるならば、移植前に検査をしたいことを相談しました。

 

先月リプロで受けた

✳︎ 慢性子宮内膜炎検査

✳︎ 不育症検査一式(血液検査)

のほかに、

 

神戸ARTで受ける予定をしている

✳︎ ERA検査

 

上記以外の検査で、気になっているのが

✳︎ Th1/Th2検査(血液検査)

✳︎ 子宮鏡検査

✳︎ 子宮収縮検査

です。

 

北川先生に相談して、下記のように決めました。

 

✳︎ Th1/Th2検査(血液検査)

    → 神戸ARTで検査する。

         予約が必要で平日限定の検査なので、次のD2かD3で来院時に予約を取る(ホルモン補充を開始したD15に当たる日に来院予定なので、その日の予約をとる)

 

✳︎ 子宮鏡検査

    → 神戸ARTで検査する。

         予約が必要。

          ERA検査と同じ周期にされている先生もいらっしゃるそうだが、北川先生は違う周期での検査をオススメしている。

          低温期の時に検査をする

          ゆえに、ERA検査が終わったら、お薬でリセットさせ、次の周期の低温期で子宮鏡検査をし、またお薬でリセットさせて移植周期に入ることになる

 

✳︎ 子宮収縮検査

    → 神戸ARTでは行なっていないため、リプロ東京で検査をしようと思う。

         子宮の中や内膜をいじるような検査ではないので、ERA検査の前日(前回リプロ東京で指定されていた日程)でも可能なことを北川先生に確認をとりました。

 

 

これで、したいと思った検査を全て受けることができます。

 

結果的に、子宮鏡検査をするために、
検査周期がもう1周期増えましたが、
そのくらいで懸念点が潰せるのなら早いものです。

 

もう、急がば回れ、という感じですね。

 

 

 

今日もいつもの優しい北川先生でした。
(前回は私がしてはいけないことをしたのでね、、)

 

北川先生、とても親身になって相談にのってくださり、

15分も診察時間を割いてくださいました。

 

あんなにたくさんの方々が診察待ちをしている中にもかかわらず、

必要なことは一生懸命対応してくださいます。

 

北川先生に限らず、

神戸ARTの先生方は皆さん、とても親身になって真剣に方針を考えてくださっていることを

改めて痛感しました。

 

神戸ARTに通院していて、

本当によかったです!!

 

 

 

今日からリセットのためのお薬始まりました。

 

ノアルテン

ソフィアA

1日1回  各1錠  夕食後  10日間

 

だんだんとサプリとお薬三昧になってきました。

 

もう訳がわからない状態になりそうだと思っていたところ、

夫が1週間分で、毎日 朝、昼、夜、寝る前と分かれているピルケースを買ってきてくれたので、

薬とサプリの管理がとても快適になりました。

 

私の ぼやき にまで、ちゃんと対応してくれるなんて。

夫よ、ありがとう!

 

 

 次の神戸ARTでの診察は、

リセットしたD2かD3になります。

お薬通りでリセットできれば、4月23日、24日辺りの日程が濃厚だそうです。

 

 

明日、リプロ東京へ今までの検査結果を聞きに行くことにしました。

検査中だった項目が、全て引っかかっていないのが一番ですが、

もしも引っかかっていたものがあれば、早く対応できればと思います。

 

 

北川先生に相談したことで、

ようやく自分の中で、移植前の検査が明確になりました。

 

着々と検査を進めて準備し、

万全な状態で移植に向けて進みます。