44歳からの着床前診断

神戸ARTレディスクリニック(旧名: 大谷レディスクリニック)にて着床前診断をしている44歳。(現在45歳) 絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

D2 改めて大谷10周期目

今日は、リセット周期が終わり、

改めて入ったD2です。

 

13時30分の北川先生の予約。

15分前に受付しました。

 

土曜日だし、今日も混んでいたので遅くなると思っていましたが、

予想に反して13時35分くらいに診察室に呼ばれました。

 

診察室に入ってすぐ、北川先生が

「今日、何日目?」と。

 

「2日目です」

 

「移植?採卵?」

 

「えっ?!、、さ、採卵です」

 

「採卵ですね(^^)」と。

 

内診の間中ずっと、採卵周期に入れますように!と思っていました。

 

結果、OK!ということで、採卵周期に入れました。

ほっと一安心。

 

「じゃあ、今回も薬と注射でいきますね」

 

「あ、、最初からテイゾーは可能ですか?」

 

「ん?どうして?」

 

「ここ最近、最初はフジで途中からテイゾーだったのですが、テイゾーの時の方が反応が良かったので」

 

「テイゾーとフジの違いわかりますか?」

 

「よくわかっていません(LHが多いくらいしか)」

 

「テイゾーは、FSHとLHが1:1

    フジは、FSHが2で、LHが1の割合で入ってます。

    普通の身体のホルモン状態だと、最初はLHは少ないので、

    LHの少ないフジを最初に使って、後でテイゾーを使っていました。

    反応がよかったと思うのは、卵胞がちょうど大きくなった時に、テイゾーの時期だからかもしれないよ」

 

「(なるほど!だから最初はフジだったんだと納得したので)

     そうなんですね。では、先生のおススメでいきます。」

 

先生、カルテを見直して

「うーん、、ずっと最初はフジ。。

    でも最近は1個しか採れてないんだね。

    最初からテイゾーというかたもいますから、試してみますか?」

 

「いいんですか!?

    試してみたいです!」

 

「では、今日からテイゾーでいきますね。

    19日と21日に自分で注射うってもらって、

    次は22日に診察ね。」

 

「はい、わかりました!」

 

 

というわけで、無事に採卵周期に入ることができ、

試してみたかった薬と注射で進めることになりました。

 

クロミッドは希望を伝えなかったのですが、

希望通りの1日1錠でいただきました。

 

 

帰りに、羽田から京急線に乗っていたら、

人身事故で運転再開まで時間がかかるとアナウンスが!!!

 

夫と待ち合わせして、ご飯を食べる予定だったので、

急遽、連絡。

 

どうしようかと思っていたら、

夫から「駅間で止まってる?」とメールが。

 

国際線ターミナル駅でちょうど止まってる」というと、

そこからならバスもあるからと教えてもらい、助かりました。

 

バスのタイミングも、バッチリでよかったです。

 

色々ハプニングはありましたが、

うまくいきました。

 

今周期、卵も複数個育って、上手くいきますように!