44歳からの着床前診断

神戸ARTレディスクリニック(旧名: 大谷レディスクリニック)にて着床前診断をしている44歳。(現在45歳) 絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

D24 凍結確認(9周期目)

今日がD24です。

 

最近、大谷に通う友人からの話や、色々なかたのブログを読んでいて、

「胚が全部成長しなかったときに、採卵から2〜3日後に大谷から電話がかかってきた」

という話を聞いていました。

 

毎日ドキドキだったのですが、

ついに大谷から電話がかかってこなかったので、

もしかしたら凍結できたかもしれないという気持ちが、

今回に関してはいつもよりも多くなっていました。

 

採卵の時にいただいた予定表の凍結確認は、

明日の1月28日だったのですが、

明日は北川先生がお休みなので、月曜日まで待てないと思い、

ダメ元で大谷に電話しました。

 

1分くらいで北川先生が出てくれました。

 

「◯◯さんですね?

    今回、凍結できませんでした。」

 

「凍結できなかったのですね、、」

 

 「本当に、惜しかったんだけどね、、、

     5日目に胚盤胞1AB(1ACだったかも?)になってくれたのだけど、

     そのあと失速してしまって、桑実胚に戻ってしまったんです。

      本当に惜しかったんだけどね、、、」と。

 

今回、着床前診断には出せませんでしたが、

胚盤胞まで頑張ってくれたんだなぁと思いました。

 

 

 

大谷での採卵周期の結果

 

開始月   採卵数   凍結数(胚盤胞)   正常卵数

  4月          2             1                              0

  5月          3             2                              0

  6月          4             2                              0

  7月          2             2                              0

  8月          7             5                        モザイク1

  9月          3             2                          正常卵 1

10月          1             1                              0

12月          1             1                              0

  1月          1             0                             ー

 

合計         24            16

 

胚盤胞になる確率      66.66%

 

 

凍結できなかったのは、今回が初めて。

 

今まで、採卵数が少ない割りに、

この年齢でずっと凍結できて、

連続して着床前診断に出せていたのは奇跡的かもしれないです。

 

年齢的にも職場復帰的にも、

めげてる余裕は全くないので(笑)、

来月も採卵周期を目指します!!

 

休職をいただいている6月末までには、

移植して妊娠していたいことを考えると、

今のところ採卵できるのもあと1、2回かな。

 

チャレンジできることは、ほんとにありがたくて幸せなことだなぁと思います。

 

このチャンス、ちゃんと活かして

元気な赤ちゃんを抱けますように。