44歳からの着床前診断

神戸 大谷レディースクリニックにて着床前診断をしている44歳。絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

D7 診察日

今日はD7です。

 

診察のために、大谷の待合室に入ってびっくり!

 

いつも座れないかと思うくらい、

たくさん人がいるのに、

今日は半分くらいしかいない。

ガラガラ。。。

 

おかげで、いつも予約しても診察に呼ばれるまでの待ち時間が1時間半とか2時間とかかかっていたのに、

予約した時間の40分後に診察室へ呼ばれました。

 

今日も北川先生の予約。

早速、内診。

卵胞チェック。

 

右は11ミリが1個と、6ミリが1個。

左は6ミリが1個。

 

わー、大きさ不揃いだわ、、

 

北川先生は、大きさが揃ってくれないと採卵1個になってしまうと。

 

今日も注射します!とのこと。

いつもhmgは富士のだけれど、

今日はテイゾーというメーカーのものに変えると指示が。

 

おそらく、小さい卵胞が大きさ揃ってくれたらいいなと思って、薬剤を変えてくださったようです。

 

そして、

だんだん卵胞数が減ってきたね、と。

連続採卵しているから、まぁ少なくはなるのだけれど、

もし今回の採卵数が少なければ、

採卵1回お休みしたほうがいいかな、と。

 

ただ、1周期あけると、次は12月。

年末年始にかかると採卵できないみたい。

時期によっては微妙だと。

 

しょうがないよなぁ、

この歳で、ここまで連続採卵できていたことも奇跡的だものね、、充分ありがたい、と思いました。

 

次の診察は、28日(土)。

卵胞の大きさ追いついてくれてるといいな。