44歳からの着床前診断

神戸 大谷レディースクリニックにて着床前診断をしている44歳。絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

D2 大谷 7周期目

昨日、D37と思っていましたが、

夜にリセットとなり、今日がD2となりました。

 

昨夜、夫が仕事から帰宅したら

手にケーキの箱が!

 

えっ!?ケーキ?!

もしかして(正常卵見つかった)お祝い?

 

と聞くと、夫が

 

うん、お祝い。

でも良さそうなケーキが無くて、プリンなんだけど、、、と。

 

もう、うれしすぎる。

夫の気持ちが。

とってもとっても優しい夫です。

 

そして、正常卵の移植の話をすると、

夫が「できるだけ採卵しよう」と。

 

正常卵でも妊娠できない場合があるのを心配して、余裕を持ちたい様子。

 

私は移植でもいいかなと思ったのですが、

よくよく考えると、

もし今回の卵で妊娠したら、1〜2年後に同じように採卵できるかというと難しいよなぁ、、

そうすると第二子の希望は無くなるよなぁ、、

休職は6月末までだから、2〜3月くらいまで

できるだけ採卵して、正常卵見つかったら第二子の可能性も出てくるよなぁ、、と。

 

よしっ!採卵しよう。

ちょうど明日がD2になるし、先生に採卵できるか聞いてみよう!

となりました。

 

 今日の内診で、卵巣に問題が無かったので、

北川先生が

「では今周期も採卵で!

    今日から注射とクロミッド始めます。」と。

 

7周期連続の採卵が始まりました。

 

クロミッド 今夜から1日2回 各1錠 開始

hmg注射

 

今日は珍しく内膜の厚さを測ってくれました。

4.9ミリ。

 

卵胞は左右育ってきているようで、

もう4.8ミリと3.3ミリありました。

こんなに早くから測ってくれたのも初めてです!

 

 

最後に、6周期目の着床前診断の結果用紙をくださいました。

 

染色体本数が書いてある表に、

正常卵は赤字で書いてあり、NORMALと。

 

夢にまでみた赤字の表。。

 

そして、1個の正常卵の写真が載った結果用紙もくださいました。

 

この子かぁ♡

 

じわじわ〜となりました。

 

 

ここまで書いてて思いましたが、

私、妊娠できると思ってるのですね。

根拠のない自信ですが、大丈夫じゃないかと。

 

もうここまできたら、絶対に元気な子を産む!!

と決めるしかないですものね。

 

第二子は欲張りすぎかもしれませんが、

なんとしても一人は産みたいです。

 

次はD4とD6に自己注射。

D7の10月26日に診察です。

 

 今から神戸空港から出発します!