44歳からの着床前診断

神戸 大谷レディースクリニックにて着床前診断をしている44歳。絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

D3 5周期目の着床前診断結果

5個検査に出していました。

結果は、下記でした。

 

 

モザイク 1個

異常卵    4個

 

今回、はじめてモザイク卵が出ました。

モザイク卵は、正常部分と異常部分が混じっているものです。

ちゃんと生まれるかもしれないし、ちゃんと生まれないかもしれないという卵です。

 

北川先生曰く、

「モザイク卵は積極的に移植するものではなく、採卵を続けてもこのモザイク卵しかないとなった時にはじめて遺伝カウンセラーの方と相談して、移植するかどうかを決める。」

とのこと。

 

ということは採卵したほうがいいということ。

 

ここまで連続5周期採卵してきたので、
6周期目はさすがに先生に止められるかと思いましたが、

 

「今日はD3です。採卵したいです」と言うと、

「その方がいいね!」という感じで内診室へ送り出されました。

 

内診で、

「うん、こっち(の卵巣)は概ね良好!」と。

 

概ね?と疑問に思っていたら、質問する前に先生が、

 

「概ねというのはね、ここにもしかしたら遺残卵胞かもしれないのがあるから」

と教えてくれました。

 

うーん、確かに、、大きさ11.4ミリ。

 

もう一つの卵巣は、大丈夫でした。

 

ん?ということは今周期採卵できないの?!と思っていると、

 

「遺残卵胞かもしれないので、血液検査させてください。結果がよければ採卵できます!」と。

 

一旦診察室から出て、血液検査待ち。

採血後、結果待ちでもう1時間。

二度目の診察室に呼ばれた。

大谷で二度診察室に入るのは初めてでした。

 

診察室に入ると、先生が

 

「うん!大丈夫!採卵できます!

    ホルモン値、全部正常!

    さっきのは悪さするものじゃなくて、少し水がたまっていただけみたいだね」と。

 

結果用紙を見せてもらうと、

測定した項目は2種類だけ。

 

でも、全部正常!と言ってもらえたのは安心します。

 

というわけで、連続6周期目の採卵周期が始まりました。

 

今回は相談ではなく、北川先生から

「今日からクロミッドと注射ね。18日、20日に自己注射してもらって、21日に受診に来てください」と。

 

きっと前回、最初から注射していて数が多く取れたからかな。

今回も1個でも多く採りたいです。

 

夜からクロミッド1日2回 1錠開始。

 hmg注射

 

そんなこんなで、会計終わったのが15時。

帰りの飛行機は、16時20分発。

 

、、、お昼食べる時間もない。笑

 

15時20分発のポートライナーに乗れたら余裕で搭乗できるとふんで、

空腹を満たすために、ダイエーでネギトロ巻きとヒレカツ巻きを購入。

ポートライナーでこそっと口に入れて食べてました。

 

行きも帰りも台風の影響なく、羽田に帰ってきました。

 

夫が朝も夜も空港まで車で送り迎えしてくれたので、助かりました。

 

今回も無かった正常卵。

でも、モザイク卵までは見つかってくれた。

最悪でも、リスクはあるが移植できる可能性のある卵があることがホッとする。

 

やっぱり44歳の正常卵は、なかなか出てこないんだ。

まるで、ガラガラと回して、ボールが1つ出てくる福引きを回しているよう。

きっと当たり(正常卵)は入っているのだろうけれど、いつ出てくるのかわからない。

 

ありがたいことに毎月採卵できているし、検査にも出せてる。

あとはもう、数あたるだけ。

 

今周期も1つでも多く採れて、検査で正常卵が見つかりますように!!!