44歳からの着床前診断

神戸 大谷レディースクリニックにて着床前診断をしている44歳。絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

D28 凍結確認(5周期目)

今日はD28です。

 

凍結確認だ!と思うと、朝からソワソワ。

でも北川先生が診察されている時間が、今日は15時〜16時30分。

なんてピンポイントなのでしょう。

 

15時5分にかけてみると、まだ診察室にいらしていないとのことで15分後にかけなおししてください、と。

 

15時20分過ぎに再度電話しました。

待つこと2〜3分で北川先生が出てくれました。

 

ドキドキしながら先生の話を聞くと、

 

「うん、、7個取れたんだね、、そのうち、、えっ?! 5個!? 5個凍結して着床前診断に出しています!

   5個、、優秀ですよ!!うん!5個は優秀!!」と。

 

よかった!5個も着床前診断に出せた!と思っていると、北川先生が一言。

 

「5個だから、着床前診断費用が49万円くらいかかってるよ」

 

えっ?! 49万円!!

そっか、そうだよね〜、、と、

一気に現実に引き戻されました。笑

 

5個の胚盤胞といえば、私にとっては今までの3ヶ月分に相当します。

それだけの数を着床前診断に一度に出せるのだもの、とても嬉しいです!!

 

今回の胚盤胞到達率は、71.4%

44歳なのに、先生に優秀と言ってもらえるのは、ありがたかったです。

 

 

今までのまとめ

 

        採卵数      凍結数(胚盤胞)    正常卵数

4月      2                  1                             0

5月      3                  2                             0

6月      4                  2                             0

7月      2                  2                             0

8月      7                  5                         検査中

 

合計   18                12

 

胚盤胞になる確率 66.66%

(ネットでみた一般的な胚盤胞到達率は、30%台でした)

 

次は、9月18日に着床前診断結果の確認です。

 

昨日の夕方から茶オリが始まりました。

採卵するようになってから、生理の1週間前くらいから茶オリが続くようになりました。

 

うーん、、着床前診断結果よりも生理が先に来ちゃいそうです。

 

でも5個だもの。

5個の中に、元気な正常卵が入っている!!!

そう感じながら、あと10日過ごします。