44歳からの着床前診断

神戸 大谷レディースクリニックにて着床前診断をしている44歳。絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。

着床前診断 1周期目⑤

診察券とポーチの中にショーツとナプキンを入れて持っていく。

入り口で名前を言って、それらを渡す。

 

入り口で採卵室用のスリッパに履き替えるのだが、ホコリ取りのためか粘着していて足を取られそうになる。

 

台の上に上がるための小さな階段。

一歩ずつ上がる時の心境は、まるで死刑台に行くように感じた。

 

腰の位置を支持され、それに合わせて寝そべる。

足を固定され、点滴や酸素濃度など色んなものが一斉に取り付けられていく。

 

準備が整うくらいに先生が登場。

卵胞チェック。

うん、(卵胞)あるね!と一言。

それから、麻酔が入ってきて少ししたら意識が無くなった。

 

次に気がついたら、採卵前にいたベッドの上に寝ていた。

夫が寄り添ってくれていた。

左手には点滴。

 

私どのくらい寝てた?と聞くと、

15分くらいかなと。

10分もしないくらいで採卵室から出てきたと。

 

お腹はやはり痛い。

 

麻酔で酔って吐いてしまわないか心配だったけれど、気持ち悪くない。

しばらくすると看護師さんが抗生剤と水を持ってきてくれた。

痛み止めがいるかを聞かれて、希望して飲んだ。

それを飲むと、クッキーとドリンクの希望を聞いてくれた。

あったかいのが良かったので、ミルクティーにした。

 

いくつ取れたんだろう、、そのことだけが気がかりだった。